真性包茎は手術なしで自分で治せる!

勃起時に剥けないのは真性包茎?

トップページ >  包皮輪狭窄

包皮狭窄の可能性が高い

勃起時に皮が剥けない人が多いそうです。しかも意外と多いのですが、これは真性包茎なのかどうか、というと実際は真性包茎ではなく、包皮狭窄の可能性が高いのです。

通常時は亀頭が出るものの、勃起するときつくて包皮が伸びずに剥けないということが多々あるのです。これを包皮狭窄といいます。

包皮狭窄の場合は手術の必要は全くありません。基本的にはキトー君を購入して毎日包皮を伸ばし続ければ包皮狭窄が改善されて、勃起時にも剥けるようになります。

真性包茎と包皮圧搾は紙一重

真性包茎も包皮狭窄は紙一重です。真性包茎というのは状態のことをいうことが多く、包皮狭窄というのが正しいのかと思います。要するに包皮が狭いため亀頭が出せないだけですから。

だから包皮を伸ばせば通常時も勃起時も同様にして亀頭を出すことが可能なのです。

勃起時に剥けなくても通常時に剥けるのであれば、日常的に剥いてももう皮が自然に伸びることはあまりないと思われます。キトー君で強制的に包皮を伸ばしてあげることで、勃起時に剥けなかったものがズルズルと剥ける可能性が高まります。

勃起時にきつい場合も包皮狭窄

勃起した時になんとか皮が剥けるけどかなりキツイ、という方も包皮狭窄の可能性が高いです。皮はある程度伸びていますが、勃起時の亀頭の直径ほど皮が余裕をもって剥けない場合にこうなります。

これも同様で、キトー君で亀頭の直径以上に包皮を広げれば解決できます。キトー君は真性包茎の矯正グッズと思われがちですが、実際は勃起時だけ剥けないという方にもかなり強力に支えるものです。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗