真性包茎は手術なしで自分で治せる!

包皮輪狭窄とは

トップページ >  包皮輪狭窄

真性包茎よりもやや軽度な包茎状態

包皮輪狭窄というのは字のごとく包皮輪が狭い状態のことを言います。これは一見すると真性包茎で良いと思いますが、かなり程度の幅があり、包皮輪が狭いながらも正常時には亀頭がなんとか剥けるが、勃起時はまったく包皮輪が狭すぎて剥けない、というものや勃起しても剥けるけどかなり突っ張っているというものまであります。

人によって包皮輪狭窄の症状レベルが違うのです。包皮輪狭窄は剥けることは剥けるため仮性包茎であるとも言えます。
ただし勃起時に剥けないことなどから真性包茎にかなり近い状態にあるとも言えるのです。

真性包茎の包皮輪を伸ばすと包皮輪狭窄になる

もともと真性包茎という状態自体が包皮輪狭窄なのです。包皮輪が狭いことで亀頭が露出できないのが真性包茎。包皮輪狭窄は亀頭が出たとしても包皮輪は狭いのです。
剥けるかどうかだけで真性包茎と包皮輪狭窄の違いが出てきます。

このことから真性包茎の方がキトー君などで包皮輪を伸ばして亀頭が出てきた状態が包皮輪狭窄となります。

包皮輪狭窄も真性包茎同様治る

包皮輪狭窄も真性包茎と症状は同じで、包皮輪が狭いだけなのでキトー君で伸ばしていけば治ります。ただし包皮輪狭窄だから治りが早いということはなく、やはり毎日包皮輪を伸ばし続けるコツコツした努力が必要です。

ちなみに勃起時になんとか剥けるという方の場合はかなり早い段階で包皮輪狭窄は治ります。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗