真性包茎は手術なしで自分で治せる!

真性包茎はすぐに炎症を起こす

トップページ >  真性包茎コラム

粘膜が弱いのですぐに炎症を起こす

真性包茎で、ある程度包皮が剥けるようになり、毎日洗うことができるようになったら、けっこう包皮の内側や亀頭が赤くなる、亀頭包皮炎になりやすいことに気がつくはずです。
これは普通に生活していてもなりますし、セックスやフェラなどを生でしたときにもなりがちです。場合によっては炎症がひどくてかゆみが強くなったり、膿が出たりということも起きますが、基本的には毎日洗っていればまったく問題ありません。

これは包皮の内側と亀頭の粘膜が弱いからです。とにかく毎日皮を剥いて空気にさらして粘膜を皮膚科していく必要があります。

粘膜のままだと何が悪いか

亀頭や包皮の中は粘膜なのは当然です。しかし剥けている仮性包茎レベルの人と真性包茎の人の粘膜の度合いが違います。真性包茎よりも当然仮性包茎のほうが粘膜は強くなっています。強くなればなるほど傷がつきにくくなるし、抵抗力も高くなります。

完全に皮膚化することはできませんが、少しずつ近づけることは可能です。これによって亀頭包皮炎などになりにくくなることはあります。真性包茎から少しずつ向けてきて、亀頭を露出する機会が増えると、ここまで亀頭や包皮が赤くなってしまうのか、とよくわかると思います。

なのでまず亀頭が露出できるようになったら、毎日ずつと出しておくことです。移動するときや外出するときは難しいと思いますが、家にいるときはできるだけ出しっぱなしにしましょう。こうすることで少しずつ包皮も伸びていくし、剥き癖がつくし、勃起時にも剥きやすくなっていきます。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗