真性包茎は手術なしで自分で治せる!

包皮狭窄で皮が伸びなくても切らなくてOK

トップページ >  包皮輪狭窄

包皮狭窄で皮が伸びない場合

包皮狭窄は包皮が伸びていないため、亀頭の太さまで向けるとかなりきつい、もしくは剥けないものを言います。この包皮狭窄がいつまでたっても改善されず、伸びないという方もいると思います。実際には伸びない場合のほうが多いでしょう。

というのも、勃起時などは24時間中のほんの僅かな時間でしかありません。この時間だけ包皮が伸びていたとしても、皮はまた元の広さに戻ってしまうのです。だからできるだけ長く伸ばしていないと自然に包皮狭窄がよくなることはありません。

包皮狭窄は切る必要はない

包皮狭窄で亀頭が出ないからといって手術で切る必要はありません。これは真性包茎も同様ですが、皮を伸ばせば済むことだからです。毎日朝晩30分ずつ包皮をキトー君で伸ばすだけです。ただこれだけですが、ハードルは高いです。

毎日朝晩30分というのはかなり時間を使います。だからこれを続けられるかどうかがとても重要なのです。しかしほとんどの人が途中でやめてしまうため包皮狭窄で剥けないということがずっと続くわけです。

皮は伸びますが、それをやめてしまうと元に戻るのです。だからピアスは広げれば広がりますが、ピアスをつけていないと穴が小さくなってしまうのです。これと同じで、普段の生活では包皮狭窄は皮が伸びないですし、キトー君を使っても伸ばす時間が短かったり継続ができない場合はなかなか伸びないのです。

しかし確実に皮が伸びることはわかりきっているため、真性包茎手術などで切ることは避けましょう。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗