真性包茎は手術なしで自分で治せる!

包皮輪狭窄は常に向いていても広がらない

トップページ >  包皮輪狭窄

包皮輪狭窄は皮を自力で広げないと広がらない

真性包茎の多くの方が包皮輪狭窄です。要するに包皮の穴が狭すぎて亀頭が露出できないのです。この包皮輪をキトー君で伸ばすことで真性包茎を治していきます。

実際に平常時に亀頭が出せたとしても勃起時は太くなりすぎて包皮輪狭窄がなかなか改善しないという方がかなりいます。実際はここまで剥ければあとはキレイに保てるのでよいのですができれば勃起時にも剥きたいでしょう。

そこで常に剥いた状態で過ごし、包皮輪を伸ばそうと考える方がいますが、これでは勃起時に向けることはほぼないでしょう。理由は平常時の太さにしか皮が剥けていないからです。

要するに、勃起時にもしっかりと皮を剥きたいのであれば、平常時に関わらずとにかくキトー君で包皮輪を常に伸ばし続けるということです。正直言うと勃起時の亀頭の太さは平常時と比較にならないほど太くなるため、包皮輪狭窄の方が勃起時にも剥けるようにするためには常に広げる必要があるのです。

勃起時にも向けてくる

常に剥いた状態をキープしたり、キトー君で包皮輪を伸ばし続けていると勃起時にもかなりキツイですが勃起時にも皮が少しずつ下がりやすくなります。ただしここで無理をすると包皮輪が切れてしまったり、かなりキツイ状態で皮が下に下がってしまうため、剥く練習ではなく広げる練習を再優先に続けていきましょう。

勃起時にも剥けるようになるためには相当の時間をキトー君で包皮輪を広げる時間に費やす必要があるということです。だから放置して平常時に剥いていれば包皮輪が慣れてくるだろう、というのは甘いと言えるでしょう。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗