真性包茎は手術なしで自分で治せる!

包皮輪狭窄は通常時に皮を広げれば治る

トップページ >  包皮輪狭窄

勃起時に剥く練習はしなくていい

包皮輪狭窄の場合は通常時に皮を伸ばすだけで自然と皮が伸びていき亀頭を露出させることが出来るようになります。その期間は数ヶ月あれは十分です。勃起したときに無理やり剥いてしまうと皮がまだ伸びていないため切れることがあります。

通常時に毎日30分ほどキトー君で広げていれば少しずつ皮が伸びていき、通常時であれば問題なく剥けるようになります。

ポイントは通常時の包皮輪の端っこだけでなく、包皮輪全体を伸ばすことです。これにはキトー君を使うととても便利で包皮輪周辺を全体的に伸ばすことが可能です。

包皮輪だけ伸ばしてしまうとそれ以外の包皮が伸びていないので剥くときにきつく感じます。

勃起時に向こうとすると切れてしまうなどのおそれがあるので、毎日地道にキトー君で伸ばすのがベスト。特に風呂あがりなどは最適です。

なれるまでは勃起しても剥かない

包皮輪が伸びてきて通常時に常に剥けた状態をキープできたらそのままできるだけ長時間剥いた状態をキープして過ごします。

慣れてくると包皮輪がかなり伸びていきますので、勃起時はゆっくりと剥いて無理なら戻す、というのを繰り返しましょう。これであれば包皮が切れる危険はありません。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗