真性包茎は手術なしで自分で治せる!

包皮輪狭窄は手術不要

トップページ >  包皮輪狭窄

包皮輪狭窄も包茎手術する必要はない

包皮輪狭窄に関しても勃起時に剥けないということから、手術を進める人がいますが、基本的に手術する必要はありません。そもそも亀頭を毎日洗えるため衛生面ではあまり問題はありませんし、包皮輪がかなり広がっていることからも真性包茎よりも治療期間は当然短くなり、包皮輪がある程度伸びれば勃起時もしっかりと剥くことが出来るからです。

包皮輪狭窄で手術していたら多くの方が手術を必要とすることになってしまいます。

包皮輪狭窄は多い

もともと小さい頃は誰でも包皮輪狭窄です。そこから亀頭が成長し、皮を自然に伸ばしていった時に剥けるようになります。しかしこの段階で皮を引き伸ばすことが出来ない場合などは包皮輪狭窄になりやすく、包皮輪を伸ばして亀頭を出してやる手伝いが必要になります。

あくまで包皮をカットして出すということは不要なのです。包皮輪が伸びなかったことは仕方ないので、あとは自分で伸ばすだけで良いのです。悩む必要は全くなく、キトー君などで伸ばして勃起時もしっかりと亀頭が全て露出している方も多いのです。

成長過程で包皮輪は伸ばされている

そして多くの方が包皮輪がきついという体験をしています。ただ毎日勃起時に無理して剥いたりして包皮輪を伸ばして慣らしているのです。なかなか相談できないことなので他人のことは知らない人がほとんどですが、最初は皆包皮輪が狭い包皮輪狭窄であることは覚えておいたほうが良いでしょう。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗