真性包茎は手術なしで自分で治せる!

包皮輪狭窄の治し方

トップページ >  包皮輪狭窄

包皮輪狭窄は包皮輪を伸ばせば治る

包皮輪狭窄は真性包茎とは違い、正常時であれば亀頭を全て露出出来る状態です。よって、包皮輪はある程度広がっているものと推測されます。
人によって包皮輪狭窄の症状は違うため、勃起しても無理すけば剥けるという人もいるからです。

基本的に包皮輪狭窄の治し方は真性包茎と同じです。器具もキトー君をそのまま使えます。包皮輪を毎日30分以上伸ばし続けることによってかなり広がりが出てきて亀頭の露出も余裕が出てくるでしょう。

勃起したときに皮を剥いて広げていく

包皮輪狭窄で勃起した時に痛みがある場合は無理せず、ぎりぎりのところまで剥いて維持します。これによってギリギリの包皮輪の広さに少しずつ慣れていくようにして皮が伸びていきます。
これは1ヶ月程度やってようやく変化が出てくるかどうかという感じですね。

並行してキトー君で包皮輪自体の伸び率も高めていきます。

半年程度で包皮輪狭窄は改善される可能性が高い

ある程度包皮輪が広がっている包皮輪狭窄の場合、勃起時に剥ける状態になるまで半年程度で改善される可能性が高いと言えます。
そこから無理なく剥けるまでは個人差がありますが1年あれば締め付けもあまり感じられないレベルまで包皮輪狭窄が改善されるでしょう。

ポイントとしては毎日キトー君で包皮輪を伸ばし続けることと、勃起時の包皮輪の広さを皮に覚えさせることです。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗