真性包茎は手術なしで自分で治せる!

亀頭を常に露出出来る人はほんのわずか

トップページ >  真性包茎コラム

基本的にみんな亀頭は皮かぶってるものです

よく温泉やサウナなどにいくとほとんどの人が亀頭を露出して歩いていますよね。びっくりするのですが、基本的に亀頭は露出せず正常時は皮がかぶっていることが多いのですが、日本では包茎がばかにされる傾向にあるため、パンツを脱ぐときに皮を剥いている人がほとんどです。

なにもしないで亀頭が露出した状態で皮をかぶせるのが大変、という人はほんのわずかで、逆に敏感な亀頭が常に露出していることで怪我の危険などもあり、皮を被せたほうがよいと言えます。

基本的にみんな見栄をはりすぎて自分で亀頭をわざわざ出してフルチンになっていると考えてOKです。

亀頭を大きくすることで皮をロックできる

亀頭が大きない限りは皮を剥いてもすぐに戻ってしまうという人がかなり多いと思います。

皮を剥いて露茎の状態で歩きまわりたいという人であれば、基本的に亀頭を大きくしない限りは無理です。ほかは手術で皮を切ってしまう方法もありますが、無意味に切る必要はありません。

毎日亀頭を露出する時間を最大24時間とって、ずっと露出しておけばよいだけです。ただしこれは20代前半くらいまでで効果が実感できなくなるはずです。亀頭や陰茎の成長は人の思春期の成長に依存しているからです。

もし20代になっていない真性包茎の学生がいればすぐにキトー君で真性包茎を治し、その後ずっと亀頭を露出し続けることができれば亀頭が大きな成長し、同時に陰茎も伸びて巨根を手に入れることも不可能ではないと思われます。

できるだけ早いほうがその可能性は高くなります。

逆に20代後半以降の場合は亀頭の大きさにもよりますが、真性包茎が治った後、亀頭に雁首がしっかりしているから一度剥いたら自然には戻らない、という人もいます。意外と少なくないので、20代以降でもまずは真性包茎を直してください。

剥けるように慣れば見栄を張って銭湯などでムケチンを気取ることも可能です。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗