真性包茎は手術なしで自分で治せる!

真性包茎の痛み

トップページ >  真性包茎コラム

真性包茎で感じる痛みとは

真性包茎であることによって亀頭や陰茎が痛いということがあります。これらを解説したいと思います。

尿道が痛い

尿道が痛くなることは真性包茎だと頻度が高くなりやすいと言えるでしょう。基本的に軽い尿道炎であることが多く、特に心配することはありません。尿管結石などは信じられないほど痛いので、なんとなく痛むな、という場合は違います。

また、性病のクラミジアにかかると尿道炎が起こるため、痛みを感じやすくなります。真性包茎だからクラミジアにかかりやすいわけではないですが、可能性を考えて泌尿器科に行くとよいでしょう。尿検査で数日後にわかります。

亀頭の付け根が痛い

亀頭の付け根にはチンカスと言われる恥垢、尿、精液、カウパー、その他水分やゴミなどが大量に詰まっています。普通は皮を剥いて洗えますが、真性包茎の場合は奥にどんどん溜まっていってしまうのです。

これによって雑菌が繁殖してしまい痛みが出ることがあります。また亀頭周辺が痒い場合もこれと同じで、亀頭に炎症が起こっている亀頭包皮炎の可能性が非常に高いです。真性包茎の場合は常に被っているため炎症が起こりやすくなります。

キトー君で包皮輪を広げた後はできるだけ毎日剥いて中を洗うようにしましょう。そうすることで炎症と痒みは解消されます。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗