真性包茎は手術なしで自分で治せる!

真性包茎の臭い

トップページ >  真性包茎コラム

真性包茎がひどいと臭いがキツイ

真性包茎の度合いにもよりますが、完全に剥けずに小便のときにも尿道が見えないレベルだと臭いがかなりきつくなります。逆にある程度尿道が見えるまでは皮をむくことが出来て、かろうじて尿が直接包皮につかないように用をたせる方もいて、その場合はそこまで尿の臭いがきつくなることはないでしょう。

このように尿の臭いがきつくなる方がかなりいます。そしてこれはズボンをはいていても臭ってしまう場合があるのです。自分ではそこまで気にしていなくても、尿などが混ざった臭いですので他人は敏感に感じてしまいます。

恥垢、尿、精子、膿などの臭い

真性包茎の人がキトー君によって皮を少しずつ剥けるようになっていくと、砲人亀頭の間に恥垢がびっしり溜まっていたり、その臭いが皮を剥いた時に感じることがあると思います。

これは基本的には総称としては恥垢で、垢になります。これは仮性包茎の人も毎日出るものですが、真性包茎の場合は恥垢のひとつとして尿が残ったものや精子なども含まれます。

また真性包茎の場合は亀頭や包皮が炎症を起こして亀頭包皮炎を何度も繰り返すことがあり、その時に出た膿などもここに溜まってしまいます。要するにキレイではないということです。そして初めて亀頭全体を剥いたときにあるこれらの恥垢はすごい臭いであることも経験者ならわかるでしょう。

毎日洗って少しでも臭いを軽減する

水道やシャワーで亀頭と包皮の間に水を入れて洗うなどして真性包茎の方は汚れや臭いを軽減させてください。しかしこれだけでは恥垢が亀頭の根本にびっしりとつまったままになって根本解決には至りません。

できればキトー君で毎日包皮輪を伸ばして平常時の皮を剥けるようにすることです。これは意外と簡単ですので、真性包茎の臭いが気になる方はできるだけ早めに使ってもらいたいですね。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗