真性包茎は手術なしで自分で治せる!

真性包茎かどうか調べる方法

トップページ >  真性包茎コラム

真性包茎は皮が剥けるかどうか

真性包茎の定義としては、皮が剥けて亀頭が露出できるかどうか、という部分が重要です。例えば通常時には剥けるけど、勃起時にはきつくて亀頭が露出できない、という場合は真性包茎ではなく、包皮輪狭窄です。ただ包皮輪が狭いだけですので、キトー君で伸ばせば数ヶ月で改善していきます。

逆に通常時にも剥けないということになると真性包茎になります。剥けそうだけどキツイ、という場合、これは微妙で真性包茎と包皮輪狭窄のどちらもあるような感じです。

真性包茎の場合は尿をしたときに穴が小さすぎて出てこないような場合のみだと考えてOKです。一度包皮の内側に尿がたまって包皮が風船のように膨らんでしまう状態です。この場合も手術が進められますが包皮を伸ばすことで改善出来る可能性はあります。

だからほとんどの場合、真性包茎は治る

ほぼすべての真性包茎は包皮を伸ばせば治るものです。このときにキトー君を使うことで確実に包皮を伸ばすことができ、数ヶ月で亀頭を露出させることがでるでしょう。

逆に毎日伸ばす訓練をしないとすぐに改善はできません。毎日20分は包皮輪を伸ばす訓練をしましょう。真性包茎は手術しなくても治ることがわかれば俄然自分で矯正する気が起きますよね。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗