真性包茎は手術なしで自分で治せる!

包皮は本当に伸びるから不思議

トップページ >  真性包茎コラム

半信半疑でも途中から皮が伸びてくると自分でびっくりする

包皮は伸びるだろうと頭では理解していても、実際に勃起したあとの包皮輪の狭さに、ここまで狭くて硬い皮が伸びるのか?と半信半疑になる人がほとんどです。しかし毎日包皮を伸ばしていくととりあえずは正常時に亀頭が出せるまでにはなります。

しかし実際には勃起したときまで亀頭を出すには時間が必要です。大抵はここで諦める人が多いんですよね。

しかしここから毎日亀頭を出したりして時間を増やしたり、常に包皮輪を引き伸ばす作業をし続けていると、勃起時にカリ首の裏筋部分が下がり始め、全体的に皮が伸びて向けていく感覚が出てくると皆びっくりします。

本当に包皮が伸びてきているんだ、とここで実感するのです。

やはり継続して数ヶ月は伸ばし続ける必要がある

このことからも継続して伸ばし続けることが必要であることがよくわかります。というのも、皮が数日伸ばしただけでびろ~んと伸びたらもうありとあらゆる皮がのびまくってたるんでいることでしょう。

そう考えれば、1ヶ月2ヶ月で勃起時のような大きな包皮輪にまで伸ばすことができるかというと、現実的に難しいことがわかります。人によっては1ヶ月がどんどん皮が伸びていってすぐに勃起時のサイズに包皮輪が広がることがありますが、これは体質です。

また真性包茎気味の包皮圧搾だったものの、伸ばせば剥ける軽度のものである場合もキトー君を使った治療でかなり早くズル剥けになることが多いようです。

これらは例外であり、自分は最低半年は毎日キトー君を使って包皮を伸ばし続けるぞ!という気持ちで臨んでください。今まで真性包茎で嫌な思いをしてきたのですから、半年程度続けるだけで改善されるなら誰もがやるでしょう。

しかし実際はキトー君すら買わないという人がほとんどです。伸びるなら手術しなくていいか、となってしまうんですね。
皮が正常時にも向けないままだと本当に不衛生で病気になる可能性もあります。勃起時まで頑張らずとも、正常時は普通に剥けるようにすべてきでしょう。

毎日コツコツ続けることによって確実に包皮は伸びます。ぜひ朝鮮してください。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗