真性包茎は手術なしで自分で治せる!

なかなか包皮輪が広がらなくても焦らない

トップページ >  真性包茎コラム

そんなに簡単に包皮輪は伸びません

キトー君の説明では2週間で亀頭が露出というように書いてますが、実際は2週間で亀頭が完全に出てくる人は少ないのではないでしょうか。
なぜなら毎日朝と夜30分ずつ広げられる人が少ないからです。朝30分時間を取って毎日広げられる人がどれくらいいるでしょうか。ニートや学生の夏休みなら問題無いですが、一般的な学生の普通の平日や社会人ではほぼ時間がとれません。でも朝しっかり数分間でも時間を取って伸ばしている、でも包皮輪が伸びない・・・。

数分程度伸ばして包皮輪が広がったらもう真性包茎の存在自体がないと思いますよ。毎日最低30分を1日2回続けることで変化が出てきます。また、合計1時間ですが24時間中のたった1時間ですからね。この残り23時間は皮が伸ばされていないのでしぼんでいく時間です。

こう考えれば伸ばす時間というのは極端に短いということがわかります。だとしたら皮はそんな簡単には伸びないということも納得できるのではないでしょうか。

最初が肝心。とにかく長時間伸ばし続ける

まず正常時に亀頭まで完全に剥けるようにすることが重要です。最初の2週間程度は毎日3時間くらい合計で伸ばす時間を取りましょう。一気に1時間というのはかなり包皮に負担がかかるので細切れで続けてください。

ここまでしっかりと伸ばす時間を確保できれば2週間で亀頭は出てきます。そうしたら次はできるだけ亀頭を出したまま生活します。これによって最低でも正常時の亀頭のサイズまでは皮が伸ばされ続けていることになります。

このようにとにかく最初はできるだけ長い時間包皮輪を伸ばす時間を作らない限りは大きな進歩は見込めないということです。

切らずに伸ばして真性包茎を治す


切らずに包皮を広げるキトー君の購入はこちら

真性包茎ガイドから200人以上が購入!
毎日伸ばし続ければ確実に包皮は伸び、亀頭が露出できるようになります。根気よくキトー君で伸ばし続ければ手術する必要はありません。

真性包茎を矯正する方法

剥けたらすること

真性包茎の弊害

手術をお薦めしない理由

真性包茎の亀頭の洗い方

真性包茎と病気

真性包茎の癒着

オナニー、セックス

真性包茎と風俗